スポンサードリンク


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサードリンク

この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://kokuminkenkouhoken.blog59.fc2.com/tb.php/28-e142e779

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

国民健康保険に切り替えたら -独立開業日記-サイトトップ >高額医療費について >>国民健康保険の高額療養費について

国民健康保険の高額療養費について

国民健康保険の高額療養費について

国民健康保険では病気やなどで1ヵ月間の医療費が高額になった場合は、申請すると高額分が支給されます。
ただし保険がきかないもの(差額ベット代や食事代など)は対象外になります。

高額療養費は、70歳から75歳まで、と70歳未満では基準が少し変わってくるようです。

まずは70歳未満ですが、

1ヵ月の間に同じ医療機関で支払った医療費が、自己負担限度額を超えた場合にその超えた金額が支給されます。金額については区市町村で違ってきます。下記はある地域の計算方法です。

自己負担限度額は世帯ごとの所得によって金額が変わってきます。

大雑把に言うと、
まずは住民税の課税所得が600万円を超える世帯では150,000円以上。
所得が600万円以下の世帯は80,100円。
住民税が非課税の世帯では35,400円。

とりあえず上記のように覚えたほうが覚えやすいです。

細かい計算をすると、
所得600万円超は医療費が500,000万円を超えた場合は 

150,000円+(医療費-500,000)×1%

というややこしい計算になります。

具体的に計算するときには必要ですが、目安を知るときはこんな数字は混乱しますから、単純に「所得が600万円超えた世帯では医療費が150,000円を超えた金額に対して高額療養費が支給される」と覚えたほうが良いと思います。

そして所得600万円超の世帯では医療費が500,000万円を超えたら上のような計算式になってきます


同じように所得が600万円以下の世帯では医療費が267,000万円を超えた場合は

80,100+医療費-267,000×1%

所得が600万円以下の世帯では、医療費が80,100円を超えたら高額療養費として支給されますが、医療費がさらに267,000円を超えたら上記のような計算されます。

そして国民健康保険の高額療養費は過去12ヶ月に3回までしか適用できないようです。

それにしても計算はもっと単純にして欲しいものですね。

ちなみに所得というのは収入とは違ってきます。基礎控除などを差し引いたものが所得になります。

 -国民健康保険の高額医療費の計算 70歳以上75歳未満の場合はこちらから-
スポンサーサイト


スポンサードリンク

この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://kokuminkenkouhoken.blog59.fc2.com/tb.php/28-e142e779

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。